テストステロン不足が勃起持続力を低下させる

更年期障害の可能性が高い

女性は40〜50歳になると更年期障害になりやすくなります。

 

これはこの時期に閉経して女性ホルモンがぐっと低下するために体のバランスが崩れるためです。

 

この更年期障害は女性だけのものではありません。男性にもあります。

 

男性でも40〜50歳になると心と体、そして性の面で調子を崩す人が多くなってきます。

 

男性の更年期の症状とは次のものです。当てはまるものがないかチェックしてみてください。

 

○精神面

  • 記憶力の低下
  • 集中力の低下
  • イライラ
  • 不安
  • 不眠
  • 性欲の減少

○身体面

  • 筋力低下
  • 頭痛、めまい
  • ほてり、発汗
  • 頻尿
  • 疲労感
  • 性機能の低下

 

男性更年期障害の原因と考えられているのが男性ホルモンの1種であるテストステロンの不足です。

 

テストステロンの量を調べると、20代をピークに減少していき、40代くらいからガクッと減ることがわかってきました。

 

男性を男性らしくするホルモンがテストステロン

テストステロンの役割には次のものがあります。

  • 骨や筋肉の強度を維持する
  • 血液、脳、甲状腺などに影響を与える
  • 動脈硬化の予防
  • メタボの予防
  • 性欲や性機能の維持

 

テストステロンと男性らしさには関連性があります。

 

テストステロンが高い男性に見られる特徴にはこんなものがあります。

  • 競争心が強い
  • 縄張り意識が強い
  • 冒険心が強い
  • 方向感覚に優れる
  • 空間認知能力に優れる
  • 堂々としていて自信に満ちている

いわゆるオトコっぽい男性はテストステロンが高いということです。

 

この逆でテストステロンが低い男性というのは、

  • 協調性が高い
  • 従順
  • 笑顔が多い
  • 柔和
  • 面倒見が良い

といった特徴があります。

 

「年取って丸くなった」という表現がありますが、それは年とともにテストステロンが以前より減ったためです。

 

今の自分と昔の自分を比べてみてください。

 

昔より穏やかな性格になったのならテストステロンが変化している可能性が高いです。

 

テストステロンが減るとEDになりやすい

年とともに多少穏やかになるのは悪いことではありません。

 

周りと協力することで大きな仕事を成し遂げることができます。

 

昔のように尖っていては周りと上手く働くことはできません。

 

ただ、テストステロンの低下によって性欲が低下したり、勃起が持続しにくくなったりすることがあります。

 

この場合は、テストステロンの補充が効果的です。

 

「ED 心と体のメカニズム」というEDに関する本では、テストステロンの補充について次のように記しています。

 

われわれもEDを訴えて来院した患者のうち、テストステロンの低い症例にテストステロンを補充したところ、性交時の勃起が改善しました。

 

ところが、テストステロンの低くない患者にテストステロンを投与してもまったく効果がありませんでした。

 

このことから、テストステロンが勃起と密接に関係があることはあきらかです。

ED 心と体のメカニズム p.53より

 

今、勃起が持続しなくて悩んでいるのならテストステロンの低下が原因の可能性が高いです。

 

こちらで薬に頼らないで男性ホルモン(テストステロン)を増やす対策をこちらで紹介しています。

 

テストステロンを増やすおすすめの方法