勃起を持続させるなら今の生活を見なおしてみよう

生活習慣を見なおせば・・・

勃起が持続しない原因の1つにあるのが忙しい生活による活力の低下です。

 

不規則な生活、忙しい仕事、偏った食事、過度な飲酒など体に負担をかけ続けていると生活習慣病のリスクが高まるというのはよく聞きますが、これらの影響は性機能にも現れます。

 

最近、うまく勃たない・・・というのならこういったところにも原因があるのかもしれません。

 

この場合、生活の質を高めることで勃起力を良くすることができます。

 

手っ取り早く勃起を持続させるのならバイアグラなどのED治療薬が最適ですが、根本的な解決ではありません。

 

薬に頼る前に、生活を見なおして自分のできる範囲から少しずつ改善していきましょう。

 

自分の力で立ち直ることができれば大きな自信となります。

 

生活習慣の改善ポイント

日々の生活で見直すポイントには、食生活、運動、ストレスなどがあります。

 

食生活の改善

食べたいものを食べたいだけ食べるのはやめましょう。

 

焼肉やラーメンといったカロリーの高い食事ばかりしているとドンドン太ってしまいます。

 

バランスの良い食事を腹八分目にするのが理想です。

 

おすすめの食事メニューは、一汁三菜です。

 

ご飯と汁物に魚や肉の主菜、野菜の副菜、小鉢といった組み合わせです。

 

これに加えて男性ホルモン(テストステロン)を増やすのに効果的な食品を意識的に食べるようにすると良いでしょう。

 

男性ホルモンを増やして勃起力を持続させる食事を紹介

 

運動不足の解消

移動を電車や車、エスカレーターなどに頼りっぱなしの生活だとどうしても運動不足になってしまいます。

 

できれば毎日運動する時間を確保して体を鍛えましょう。

 

太っていると体を動かすのが億劫ですが、運動で痩せれば活動的になり自信がつきます。

 

自信がつけば勃起にも良い影響が現れます。

 

また、運動にはテストステロンの分泌を活発にする効果もあります。

 

特に有効なのがランニングやスクワットで足腰を鍛えることです。

 

勃起を持続させる基礎は運動にある

 

ストレスを貯めない・ストレスが貯まったら解消する

ストレスが貯まると心が縮こまっていき、勃起にも影響がでます。

 

生きていく以上、色々なところからストレスを受けますが、あまり貯めこまずに趣味などでうまく発散するようにしましょう。

 

また、ストレスの源に近づかないように工夫することも効果的です。

 

ストレスを感じずに、貯めこまずに生きる

 

 

 

これらの取り組みを行って生活が改善されると男性ホルモンが増え、勃起の持続力は向上します。

 

さらに下の方法を取り入れるとより良い方向に向かいます。

 

男性ホルモンを増やすおすすめの方法